Webのトレンドをもとに、クライアント様へキャンペーンの企画をご提案する際に使えるお役立ち情報をご紹介。情報は随時更新!

ユーザーの利用環境について

ユーザーの利用環境について

キャンペーンを企画する際に、キャンペーンの内容と一緒にどのような応募方法にするかも考えると思います。
ハガキからの応募にするのか、Webからの応募にするのか。Webからの応募でも、PCからなのか、スマートフォンからなのか、フィーチャーフォン(ガラケー)からなのか。どの応募方法を採用すればたくさんのユーザーがキャンペーンに参加してくれるのか。いつも迷われる担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか。
実施しようとしているキャンペーンに最適な応募方法を選択するには、まず、現時点でのユーザーの利用環境について知る必要があります。
このページでは、最新のユーザーの利用環境事情と共に、弊社の調査事例を基に最適な応募方法をご紹介します。

年代別スマートフォンの利用率

最終更新日:2016.06.24 Fri

次に、年代別で各デバイスがどのくらい利用しているのかを見てみましょう。「応募しやすい応募方法」というのはキャンペーンを行う際に大事なことの一つです。
キャンペーンに参加してもらいたいターゲット層を取り巻く環境を知り、的確な応募方法を採用し、キャンペーンの応募数を増やしていきましょう。

それでは、10代から60代の年代別にスマートフォンの利用率を見てみましょう。

インテージ調査結果

40代、50代のスマートフォン利用率が20%も増加しているのが分かります。さらに、60代のスマートフォン利用率が2013年には1桁だったのに対し、2015年には2桁を超えています。
その他の世代も全体的にスマートフォンの利用率が上がってきているので、若者に限らず、年齢が上の世代の人たちにもスマートフォンというデバイスが広まり受け入れられているということが分かります。

キャンペーンの統計情報(弊社調べ)

最終更新日:2016.06.24 Fri

スーパーマーケットの商品を対象とした、シリアルキャンペーンとレシートキャンペーンの比較です。
どちらもWeb応募とハガキ応募を併用で行っております。

キャンペーン実施統計

事例1では、前回実施した際はWeb応募とハガキ応募で応募数が半々だったとのことでした。それが、今回実施しましたところ、Web応募の数の方が増えています。
よって、年代が上の人たちにも”Webでシリアルを入力して応募する。”という行動が抵抗なく受け入れられていると言えます。
逆に、事例2ではハガキでの応募数の方が上回っています。こちらは”レシートの写真を撮ってWebから応募する”という行動がまだユーザーには浸透していないということが分かります。Webから応募するレシートキャンペーンの場合はハガキからの応募も併用する必要があると言えます。

情報一覧

ITワンストップサービス インフラ構築からシステム開発、デザイン制作、事務局代行、学校向けITプロモーションなどトータルソリューションを提供します

お気軽にお問い合わせください

ご不明な点や、その他ご要望等がございましたら、お気軽にご相談ください。
(お電話いただく際に「HPを見て」とお伝えいただくとスムーズです)

03-5823-1570

営業時間: 平日:9:30-18:15
(土日祝日・年末年始を除く)